Rubaiyat



人を殺すということ。

ガディウスでやっているSNSの方で「死について」という日記を書きました。
同じこと書いてもしゃあないので、今度はこっちでもっとまずいことを書こうかと思います。

皆さんは、誰かを殺したいと思ったことはありますか?
無い人はきっとすばらしい人生を歩んでいることでしょう。これからも頑張っていきましょう。
少しだけあるという人は、大体正常です。それくらいは人間関係に歪はできるものです。
常にある、と云う人はストレス解消のはけ口を見つけないと、生活が辛いかもしれません。
実行しそうになった、と云う人はもうちょっと考えてからにしましょう。殺さずに済む方法があるかもしれません。
実行したという人は、自分自身を冷静に見つめてみましょう。もし貴方の殺人行為が自らの信念の元に実行され、それを恥じることなく万人に堂々と公表できる事実関係であるのなら、貴方の殺人は誰にも否定されるいわれはありません。そうでないのなら、貴方は殺される権利を手に入れることとなるでしょう。

 以上の通り、私は自らの信念に基づき、それを恥じることなく万人に堂々と公表できる事実関係を持った殺人行為ならば、例え身内が殺されてもそれを認めます。それが単純な金関係だとしても、女関係だとしても、彼もしくは彼女が一切の劣情にかられず、切腹覚悟で討ち入った赤穂浪士のごとくに殺人を犯したのならば、私は例え親が殺されても、友が殺されても、憎しみも怒りも出さず、ただ彼もしくは彼女を許すでしょう。
 そして、私自身も自らの信念にのっとり、自らの命も含めた全てと決別する覚悟をもって、彼もしくは彼女を殺害するでしょう。事実関係だけ見れば、これは復讐となりますが、復讐にしてはならないので、怨恨を抱かず、尊敬と慈愛の念を持って、殺害すべきでしょう。

 私は、人を殺すということに関して、上述の考えを自分の中で確立させました。これに対して賛成があろうと、反対があろうと、現にそうなったのならば私はあらゆる静止を振り切って実行するつもりでいます。もっとも、現実にそうなったら、自分の保身を考え、足が竦むのかもしれませんが。

 私の中で殺人は、信念に基づいた場合のみ可という考えがあります。この場合の信念というものは、確立された条文などで表されるものではなく、ぼんやりとそれでいて力強く自らのバックボーンとして存在する精神、大雑把に言うなら自分なりの道徳観念というところでしょうか。そういったものに基づいて、冷静沈着かつ一気呵成に行うことのできた殺人は認めるべきだと思うのです。
 しかし、認める、というのは「法律を曲げてくれ」という意味ではありません。法は法です。もっとも、法は道徳観念の代表や、倫理観の根拠のように謳われていますが、実際にはあれは単なるルーリングにすぎず、犯した度合いによってペナルティを支払うシステムとして活躍すべきものだと私は考えていますが。
 話を戻します。認めてほしいのは、他でもない、人々です。盲目的に殺人は悪いと子供の頃から刷り込まれ、それに疑問も持たず、何が基準かも分からない善い事と悪い事の枠の中で行き続ける人々に、です。この話は遡れば「そもそも善悪とは何なのだ」というところに行き着くのです。
 世界はただ事実のみで構成され、そこには善もなく悪もなく、ゲインとロストが絶え間なく繰り返されているだけです。殺人が悪だとカテゴライズして終わりにしていては、怠惰なルーチンワークにすぎません。それが自分にとってゲインなのかロストなのか。そしてゲインならばどうするのか、ロストならばどうするのか、それを見極め、自分なりの価値観で決めてゆくために。

私は、必要に応じて、人を殺したいと思います。

陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2006-07-03 22:25 | 日記
<< 喜びこそ刃に変えて。 Godius小説~変わりつつあ... >>


御国を守ります。
桜並木を切り飛ばす。

作品力を上げたい!同盟参加してます。

HN:陸堂久弥
好きなもの:麻雀
嫌いなもの:チョン
潰したいもの:創価学会
応援してるもの:又吉イエス
乗りたいモビルファイター:
ネオオランダ代表ネーデルガンダム
持病:中ニ病

長編
■Diabolia(連載中)
Infomation
クエストファイル1
王者の剣
[1][2][3][4][5][6][7]
クエストファイル2
白昼の暗器
[1][2][3][4]
Diabolia外伝
~陰謀と策略の影の愛情~
[1][2][3][4][5][6]
ある戦場にて(一話のみ)
記憶を濡らす琥珀酒(日向過去話)
幕間~霧上魔狐兎とゲイル・マクミール~


■兎に角なし(連載中)
キャラクター紹介
[1][2]


短編

赤い花

梅雨に乾杯

貫けた誓い

Time Insteae of Money

葬列の少女

四百字詰めの原稿用紙




ある殺人者の独白

僕は彼女が好きなんだ

フィオラ・ダンテの詩

悲しき呟き

空を飛んだ少年

My Name Is Time

偉大なる先達を讃えて

カチタイ。イキノコリタイ。

僕は道化

蜃気楼のオアシス

身勝手なHappyBirthday

エルフの御伽噺

生まれながらにして孤独
死に絶えるもまた孤独


タイトル省略

りんく

作家でごはん!

朝目新聞

裏ドラゴンボールマニア

X51.ORG

rotten.com

ogrish.com

2ちゃんねる

世界経済共同体党
(代表 又吉イエス)


鳥肌実オフィシャルサイト

+MONSTERS+

哲学的な何か、あと科学とか

ネトゲストッパー

Wisdom Guild

便利な通報先・警務関係などのリンク

The Jack Trace

韓国は“なぜ”反日か?

★★反日ブログ監視所★★

上祐史浩オフィシャルサイト

然吟ニの詩人窟

皇立詠風学院史料館

探偵喫茶↑UPSIDE DOWN↓

Baby face

A Dose Of Malice

民話と私と出血と

きまぐれの詩

聴くまで死ぬな、この曲を!!

ありあんの散歩道

Snow White.

爆撃機が落としたノート
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧