Rubaiyat



<   2005年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧


ともだちのまじょっこ


ともだちのまじょっこはすごいやつ

なんとマホウをつかうんだ

ちゃっちゃとステッキふるうなら

マホウでケーキができあがる

なかからフォークがでてくるけれど

ぼくのだいじなともだちさ


ともだちのまじょっこはすごいやつ

すてきにマホウをつかうんだ

きらきらほしをちらしたら

たちまちわすれるつらいこと

ぼくのなまえもわすれるけれど

それでもだいじなともだちさ


ともだちのまじょっこはすごいやつ

しれっとマホウをつかうんだ

ぶつぶつじゅもんをとなえたら

なやみをそうだんされまくる

きみのなやみなんていつでもきくよ

なんてはずかしくていえないけどね


ともだちのまじょっこはすごいやつ

うりゃっとマホウをつかうのさ

たのしそうにほほえんだなら

たちまちぼくをしあわせにする

きみのえがおがさいこうのマホウだから

ずっとともだちでいれたらいいな




深く考えずに読んでください。
頭悪そうな詩ですいません( ´・ω・`)

モチーフは友達です。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-08-31 20:57 |

遺書


何度も貴女に好きだと言ったと思う。
何度も貴女に愛していると言ったと思う。

自分でも鬱陶しいと、未練がましいと分かってて
いっその事、嫌って欲しかったのに

貴女は何時も、「ありがとう」と笑顔で返してくれた。


それが、上下左右へ無限に広がる壁に見えた。


一番欲しいものが、手に入らないと確信してしまった世界ほど
価値のない物は無い。

地獄の中で漂う感覚。
それは背中を釘で引っ掻き回される痛み。
針の付いた鞭で顔を叩かれる痛み。
そして、声を出すことや、声を聞くことが出来なくなる苦しみにも似て。


だからといって、この世界から消えることが正しいとは思わないけれど
僕のひび割れた思考回路じゃ、その答えが限界だった。

数え切れないほどのありがとうと
それにプラス1したごめんなさいをここに残して

いつか、宇宙が巡り巡った先の世界で
恋人として会えることを願うよ。


父さん、母さん。
月並みですが先立つ不幸をお許しください。
納得できないかもしれませんが、精一杯考えた結果です。
どうか「息子の自立」だと前向きにとらえてやってください。


親友へ
君と歩めた数年間は素晴らしかった。
君は絶対納得しないだろうと思う。
いや、納得しても僕を許しはしないと思う。
すまない。
許してくれとは言わないけれど、君が親友であったことを
せめて僕の最期の誇りにさせてくれ。



世界に溶け込んで。
僕は全てを忘れる。



ばいばい。



こんな文章書いちゃあ駄目なのかなぁとも思いました。
けれど思いついてしまったから書いてしまいました。
詩じゃなくて遺書です。私は別に鬱病じゃないし、自殺しようなんて思っても絶対足がすくんで死ねないタイプですけれども、自殺するなら遺書はこうするかなぁ、と。

これを読んで驚かせてしまった方へ。ごめんなさい。
私はそう簡単に死にゃあしません。やりたいことは山ほどあるんで。

陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-08-29 22:51 |

生命のシャワー


はらはらと舞う雪も、たちたちと降る雨も

ひたひたと私に歩み寄り

そろそろと心に寄りかかる

つらつらと涙を流して

ふわふわと命を手繰るのだろう





中身はないです。
想像して、浸ってみてください。
(´ー`)
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-08-28 03:26 |

映画れびゅ

三日分ーヽ(`Д´ )ノ

映画れびゅーします。
前のサイトでもやってたんですょ。

今回の映画はあの、待望の作品、「亡国のイージス」です!

インタープリターを見たときから予告編で泣きそうになった映画なんですが、本編でもマジ泣きそうになりました。少しだけ涙が出たかも(つД`。)

他のレビューとかだとやっぱりいい評価は少ないです。
でも私は最近見た映画の中でダントツに感動しました。


原作のほうが面白いなんてあたりまえだろう!むちゃいうな!


思想とかイデオロギーとか小難しいことはどうでもいい!
今差し迫る危機に対して戦い、死ぬ男たちがかっこいいんじゃないか!



俺も海上自衛官なんだよ!
めちゃくちゃ感情移入したっちゅうねん(つД`。)


お気に入りのシーンは「自分で死ね」と一発だけ弾の残った銃を渡すシーンです。
かっこよすぎ。俺も機会があったらやろう(ぉ

誰が何と言おうと素晴らしかったです。
陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-08-26 00:34 | 日記

京都の神社仏閣巡り

二日目分ーヽ(`Д´ )ノ

京都行ってきました。念願の神社仏閣巡りしてきましたよー。
昔から行きたくて行きたくてしかたなかった(つД`。)

東寺と東福寺と三十三間堂と清水寺に行ってきましたよ。
細かく説明してみます。

東寺に行くためにバスに乗ったらえらい遠回りしてしまって時間がかかりすぎてしまいました。
でも薬師如来や十二神将、大日如来やら四天王やら見れて面白かったです。
四天王覚えましたよ。
増頂天、広目天、持国天、多聞天。
テストに出ますよヽ(`∀´ )

東福寺は渓谷を挟んで渡した回廊が素晴らしかったです。沢山のもみじがあって、秋に来たら素晴らしい景色だろうなぁと思いました。
一緒に来た友達はこの辺りから「暑い(つД`。)溶ける(つД`。)」と言いまくってました(ぉ

三十三間堂はずらりとならんだ千手観音が凄かったです。
エアギアみたく飛んでみたかったのですが外国人観光客が多すぎてそれどころじゃありませんでした。
しかし長いところだった・・・しっかり見てたら一時間くらいかかっちゃった。

清水寺は行くまでで死にそうに疲れました。坂が急すぎ。
でも舞台から見える景色はやはり素晴らしかったです。
俺は只管「絶景かな絶景かなヽ(´▽`)ノ」て言って、友達に「南禅寺で言えヽ(`Д´ )ノ」と言われまくっていました。

いやはや、楽しかったです。
興味を持ってる奴と一緒に行くとまた楽しさもひとしおです。

今回は日帰りですげえきつかったんですが、今度は一泊二日にして気楽に行ってみたいですね。
陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-08-26 00:06 | 日記

初めての免許更新講習

りくどーでございますヽ(`Д´ )ノ

これから三回分の日記を記したいと思います。

こないだ始めて免許更新講習行ってきました。
行ったことある人なら分かると思いますが、あれはすごいです。

ものすごく鬱になります(((゚ロ゚;)))

車の事故事例の話ばかりするから当然と思われるでしょうけれども、私は結構びっくりしました。
今回の私の体験した講習をざっと説明します。


まず流暢な滑り出しで違反するとどうなるかとか、事故はどうやって起こるかとかやっていたと思います
寝てたので正確には分かりません。エヒャー(゚∀゚)

次に長めのビデオに入りました。赤文字で「過信運転」(だっけな?)と書かれためっちゃ古いドラマが始まりました。
ドラマは、運転を過信していた主人公が、横手から飛び出してきた中学生を思いっきりはねてしまうストーリーで、母親の貯金を使い果たして見舞金を出したとおもいきや、件の中学生は半身不随になってしまいその両親に激怒され、裁判で懲役一年の実刑判決をくらって仕事を辞めさせられ、出所してきたら息子に嫌われ・・・散々なストーリーです。
「でもそれくらいで普通じゃない?」とお思いの貴方。

鬱展開のまま、「時間が押してきてるのでこれで終わります」って途中で切られると更に鬱が入るんです。
先が気になるっつーのヽ(`Д´ )ノ

そして事故の新聞記事の切り抜きのスライドショー。
何で一家全部死んでるような事例ばっかりなんですか。
態々選り抜きの事故にしているところがまた鬱です。

最後。これが極めつけでした。
飲酒運転の事故で一家心中した家族の遺書公開(((゚ロ゚;))
いやもうほんとすごい。ていうか殆ど「お金ないので死にます」みたいな感じ。

浦安の土井津家を思い出した私はやっぱ駄目人間なんでしょうか。
あいつらは殺しても死にそうにないけれど。


結構鬱になりそうな講習でしたが、日記のネタをくれてうれしいことこの上なかったです。

陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-08-25 23:21 | 日記

世界の車窓から。

ひかりの席から書き込んでいます。陸堂ですこんばんわ。

なんで新幹線なんかに乗ってるかというと、帰省中だからです。
足の骨折れたおかげで予定より大分遅れた帰省です。

実家だとエアエッヂの電波届かないので更新できません。
ご了承ください。



まぁ、大して見てる人いないからいいかd(゚-゚*)


陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-08-19 22:11 | 日記

走馬灯


至近距離の銃声ははるか遠くで聞こえて。
崩壊寸前の思考回路と
侵食されすぎた自我が
色とりどりの景色を生み出す。
壇上に立つ私。
演説に猛る民衆。
自分で座るとは思いもしなかった指導者の椅子。
臆病で、画家が夢だった私自身は
権力と、理想に固執するもう一人の私に追いやられ
世界は目まぐるしく変化する。
盲目的な支持が、私に全権を与え
盲目的な思想が、もう一人の私に大犯罪を犯させた。
戦争、虐殺。
祖国のためにと繰り返し、只管に続けた結果が
今目の前に広がる廃墟の群れだとは。
ああ神よ。
一体私に何を望んだのだ。
私は画家になりたかったというのに。
もう無駄だ。
もう無理だ。
思考も夢も希望も権力も金も戦争も
全てが揺れて揺れて揺れて―――

さらば、鉤十字(ハーケンクロイツ)よ。



なんともどうしようもない出来栄えですね。もっと下調べをして書き表したかったと思います。
モチーフの方は非常に分かりやすいと思いますが、この人のファンの方、申し訳ありませんでした。
多少調べたんですが、私は結構好きですこの人。政治家としての手腕は相当なものでしょう。
行った行為が世界に受け入れられなかっただけであって、一国ほぼ全ての人間から熱烈な支持を受けるということは、本当の大人物である証拠だと思います。
日本の首相も、それくらいの力があってほしかったですね。
嫌いじゃないですけどね、小泉さん。あ、もう解散したか。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-08-17 18:57 |

「土を盛り上げた簡素な墓に、友の剣を突き立てて」


死者に対し、生者が出来ることは何も無い。

目の前に転がった無力な骸は、もはやただのガラクタなのだから。

分かりきってて、俺は柄にもなく、短い付き合いだった戦友の墓を立てた。

「この馬鹿野郎が。俺の許可もなく死にやがって」

死者に対し、俺が出来ることは何も無い。

だから流したこの涙は、ただの自己満足にすぎないのだろう。



過去作品庫収録の連載長編Diabolia(連載中)の主人公が過去に死に別れた相棒を弔ったときの1シーンを口語の詩にしました。
相対する敵の命を平気で奪う、殆ど戦争屋の彼らが、死に対して悲しみを見せる珍しい場面です。
こういうのが好きです。人間の命に価値などないけれど、友の命は何物にも代え難い。
命を奪うことが出来る人間こそ、命の価値を知るんじゃないでしょうかね。
現代の殺人犯の殆どは、「間違えて命を奪ってしまった輩」が殆どですから、これには当てはまりませんけどね。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-08-16 22:00 |

福音


歌は英知なり

心に渇望を沸かせるものなり

歌は幸福なり

心に豊穣をもたらすものなり

歌は神韻なり

心に熱涙を呈するものなり

歌は歌なり

それ以上でもそれ以下でもないものなり

[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-08-15 20:39 |


御国を守ります。
桜並木を切り飛ばす。

作品力を上げたい!同盟参加してます。

HN:陸堂久弥
好きなもの:麻雀
嫌いなもの:チョン
潰したいもの:創価学会
応援してるもの:又吉イエス
乗りたいモビルファイター:
ネオオランダ代表ネーデルガンダム
持病:中ニ病

長編
■Diabolia(連載中)
Infomation
クエストファイル1
王者の剣
[1][2][3][4][5][6][7]
クエストファイル2
白昼の暗器
[1][2][3][4]
Diabolia外伝
~陰謀と策略の影の愛情~
[1][2][3][4][5][6]
ある戦場にて(一話のみ)
記憶を濡らす琥珀酒(日向過去話)
幕間~霧上魔狐兎とゲイル・マクミール~


■兎に角なし(連載中)
キャラクター紹介
[1][2]


短編

赤い花

梅雨に乾杯

貫けた誓い

Time Insteae of Money

葬列の少女

四百字詰めの原稿用紙




ある殺人者の独白

僕は彼女が好きなんだ

フィオラ・ダンテの詩

悲しき呟き

空を飛んだ少年

My Name Is Time

偉大なる先達を讃えて

カチタイ。イキノコリタイ。

僕は道化

蜃気楼のオアシス

身勝手なHappyBirthday

エルフの御伽噺

生まれながらにして孤独
死に絶えるもまた孤独


タイトル省略

りんく

作家でごはん!

朝目新聞

裏ドラゴンボールマニア

X51.ORG

rotten.com

ogrish.com

2ちゃんねる

世界経済共同体党
(代表 又吉イエス)


鳥肌実オフィシャルサイト

+MONSTERS+

哲学的な何か、あと科学とか

ネトゲストッパー

Wisdom Guild

便利な通報先・警務関係などのリンク

The Jack Trace

韓国は“なぜ”反日か?

★★反日ブログ監視所★★

上祐史浩オフィシャルサイト

然吟ニの詩人窟

皇立詠風学院史料館

探偵喫茶↑UPSIDE DOWN↓

Baby face

A Dose Of Malice

民話と私と出血と

きまぐれの詩

聴くまで死ぬな、この曲を!!

ありあんの散歩道

Snow White.

爆撃機が落としたノート
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧