Rubaiyat



<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


逃れえぬ運命こそ人の本質とするならば、死を忌み嫌う感情は、無意識下での本質への拒絶反応なのか


脂と血でさび付いた剣を捨てた私は、腰に差したもう一本の剣を鞘から引き抜こうとしたが、抜けなかった。こびりついた人殺しの痕跡は、刀身の発露を拒絶している。私は諦めてそれも捨てた。
足元に無数に転がる剣の一つを拾い上げて、柄を握る手に力を加える。二度ほどつっかえながら現れた刀身は、これまた赤黒く変色していた。
私はそれも捨てる。
入る鞘が無いのか、抜き身で捨てられている曲刀も、引き絞られたはずの身体はぼろぼろに酸化され、滾っていたはずの殺意は今わの際の老人以上に風化していた。
見渡す限り一面に転がる剣は全てそんなものばかりだ。赤黒く錆びて、全力で振れば風圧だけでへし折れそうな塵屑。
もっとも、剣の本質なんてそんなものなのかもしれない。
人間が必ず死を逃れられないのと同じで、剣も人を殺して自分も滅ぶ運命から逃れられないのだ。
都合よく考えれば、それは限りある命を全うした証、剣の誇りとも言える。人を殺すために作られた物が、人を殺して滅ぶことが出来るなんて、十分に幸せではなかろうか。

そんな私はこの都市で剣を作っている。だが戦が終わり平和になった日々の剣は、貴族の腰に下げられ、壁に飾られている。まるで宝石か絵画だ。
剣はその本質だけでなく、誇りまで失ってしまった。
私の工房の壁にも、一本の剣を飾ってある。
しかしそれは見目麗しいものではなく、鉄錆と血と脂の臭いを漂わせる、汚く醜い剣の死体だ。
「なぜそんなものを飾っておられるのですか」
必ず一度は尋ねる弟子達に、私はこう答えている。
初心を忘れないためだ、と―――



小説っぽいですが、詩です。
なにせ文章量がすくないんで。

よく漫画で「剣が人を殺すんじゃない、使う奴次第だ」とか言われてますね。
もっともらしい台詞です。
ですが、剣の立場になって考えたことがありますか?
人を殺傷する目的で作られたものが、持ち主の都合でその目的を妨げられるなど、剣からしたらたまったものじゃないと思いませんか?
別に剣を幸せにするために人を殺せなんていうつもりはありません。世界には色々な側面があるということを知ってもらいたかっただけです。
変な話になりましたね。
陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-09-30 23:38 |

とうとう買ってしまった

FF7アドベントチルドレン、とうとう買ってしまいました。
アドベントチルドレンが何か分からない方は、こちらのアドレスを参考に。

http://www.square-enix.co.jp/dvd/ff7ac/
(Final Fantasy 7 Advent Children)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009WFME8/kyounomemo07-22/ref%3Dnosim/249-0623446-6027551
(Amazon.com FF7アドベントチルドレン)

簡単に言うと、FF7のフルCG映画です。本ストーリー終了後の“498年前”が舞台です。
やってない人には意味の分からない数字でしょうが、本当にそうなんだから仕方がない。
これが素晴らしいかどうかはやっぱり人によります。俺は非常に好きです。かなり楽しめました。FF7に興奮を感じた方なら買っても損はしないでしょう。

いやー、セフィロスかっこよいよ(つД`。)


こんどは別の話題。

リンクにもおきましたが、韓国は“なぜ”反日か?(http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html)というサイトに書いてある内容が素晴らしかったので紹介を。
これを見るとなぜ韓国や中国が何度も日本に謝罪を要求するかとか、日本が朝鮮人に対して警戒心がどれだけ薄いかを認識させられます。
韓国が世界的に嫌われ者だって知ってました?
「小泉総理が『韓国をG7に参加させてはどうか』という発言をしたとき各国首脳から『ナイスジョーク』と笑われた」なんてエピソードもあるそうで。
自分の無知を認識しましたね。これを読んで是非民主党と公明党と社民党を追い出しましょう。

いやはや勉強になりました。
陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-09-30 20:34 | 日記

ミラクルクリスマス


今宵は素敵なクリスマスイヴ

生まれながらに大病を背負い

一生の殆どをベッドの上で過ごし

苦痛に苛まれる日々を諾々と続ける彼女は

クリスマスの奇跡に希望を寄せる



サンタさん、お願い聞いてください

この痛みと苦しみを取り除いてください

もう辛いのは嫌なんです

お父さんとお母さんにも迷惑をかけたくないんです

お願いします



次の日ベッドで見つかったのは

粉砕された少女の死体

脇に置かれたハンマーに

靴下かぶせてあったとさ




ああー。ネタは好みなのに上手く書けなかった(つД`。)
ちょっと残念です。日を置いてリメイクしてみたいもんですが、多分しないでしょう。
こういうタイトルが普通っぽいのに中身がシュールってのが大好きです。
陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-09-25 09:43 |

真面目日記

皆さん、「座標意思説」というものをご存知であろうか。
恐らく誰も存じておられないと思う。

私が考えたのだから从リ ゚д゚ノリ

今回はその座標意思説について語りたいと思う。素っ頓狂な内容ではあるが、別段ふざけてはいないのでそんな考え方もあるのか、というように聞いてもらいたい。

まず意思というものは如何なる物か、ということが重要である。
辞書によると意思とは「考え・気持ち」を表すものとある。成る程、従来人間はその意味で日常会話に意思という単語を差し挟んできたであろう。しかし、一体どこまでが意思なのか。
例えば、貴方が若しくは貴女が「カレーを食べたい」と考えたとする。これは意思に違いない。しかし、貴方、若しくは貴女が「カレーを食べたい」と考えるには、まずカレーを知っていることが大前提である。そして、カレーの味覚に対してある程度想像がつくこともほぼ必要条件である。このことから、記憶若しくは経験というものが、意思を支配していることは言うまでもない。
だが、記憶、若しくは経験のみが意思を生み出すことは無い。その源となるものが必要であるし、それも人が定義する意思の範疇であると私は考える。
前者の記憶や経験を肉付けされ成り立つ意思を「形成意思」、後者の形成意思の元になるものを「源意思」と名付けることにする。私の座標意志説はこの源意志に関わるものだからである。

例えば、AさんとBさんが、会話をするとしよう。この際に二人の源意思は座標平面上におかれている二点と考える。そして二点は形成意思を生み出し、使用する言語や表情、仕草にその形成意思を乗せ、それを座標平面上の直線として、互いに四方八方へと放出する。この幾つかの直線各々の交点が「疎通された意思の点」となるのである。この場合に重要なのが、このAから発する直線とBから発する直線は絶対に他方の一点を通らないことである。何故なら人は、完全な意思疎通を行うことは不可能だからである。

さて、この考えを見直すと、AさんとBさんの二点を必ずしも「源意思」と定める必要性が見えてこない。結局源意思は形成意思として為しえないと相手に疎通するどころか、自分自身でも定かにならないものだからである。しかしここで敢えて源意思としたのは理由がある。それは、別の軸を持つ座標平面での源意思を想定するためである。
AさんとBさんというものは不特定の人間を表している。つまりAさんとBさんの会話をするための座標平面と云うものは人間と云う概念全てにおいて通用する座標である。しかし世界には、人間だけが存在しているものではない。無機物有機物様々に存在している。
ここで「源意思」の意味に立ち返ろう。「源意思」には記憶や経験の必要が無い。ということは、大脳皮質や海馬といった、人間に不可欠な組織の必要すら無いのである。
ということは、無機物や、無脊椎動物、植物に意思が無いなどと断言することは、形成意思の欠如により意思疎通が無理だからなどという一方的な理由を持ち出す人間のエゴにすぎないということになり、それらにも「源意思」が認められることは否定できなくなる。
その人間以外の源意思が存在するのが、前述した別の軸をもつ座標平面である。それは人形の意思をもつ座標平面であったり、たんぽぽの意思を持つ座標平面であったり、石ころの意思をもつ座標平面であったりする。さらにそれらが独自のコミュニケーション能力によって座標平面状に直線を引くことにより、意思の疎通を図ることが出来ているとしたら、各個体の形質に類似点が出てくる理由にもなりうる。
漫画のイラストが、デッサンとかけ離れたものであっても人間にうけがよく、かつある一定の共通項を持ちうることは、この別軸による座標平面上で疎通される源意思による影響を人間が受けている証拠かもしれない。


以上で座標意思説の発表を終わる。穴だらけで申し訳ない。
反論や、これよりも上手く説明できるような説を募集中です。
うーむ、人間の座標平面で言語の違いによる意思疎通の阻害についても上手く考察しないとなぁ。

あ、ちなみに完全オリジナルです。これに限っては殆ど誰の影響も受けていません。若干汎神論を唱えたスピノザに影響を受けていますが、ほんの一部なので思想的な影響は無いです。

いやー、こんなことを真剣に考えてるってバカですよねぇd(゚-゚*)
陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-09-20 23:56 | 日記

贅沢


友達が呟く。自由になりたい、と。

自分を束縛する様々な要素から逃れたいと。


しばしば人は、自由という言葉の意味を履き違えていると思う。

乗り越えるべき課題をこなさずして、果たすべき義務を果たさずして

結果だけを求めることは、自由とは呼ばない。

真の自由というものは、何者にも束縛されない。

その代わり何者からも守られることがないのだ。

国家にも。

友にも。

両親にも。


人が生きる上で、自由とは不自由であるというパラドックスを

彼が理解しているとは思えないし、理解できるとも思えない。

だから僕は冷めた口調で、そうだね、と相槌を打つんだ。



自由ってのは物凄く怖いことです。
何者にも束縛されないってことは、両親どころか政府の庇護すら受けれないのですから。
まぁ、真の自由なんてものは机上の空論でしかないのでどうでもいいんですが、その意味を知りもせず自由になりたいと言うのはよしたほうがいいです。
日々のわずらわしさから逃げたければ死ねばいいんです。それが最善です。
陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-09-19 22:52 |

Diabolia幕間~霧上魔狐兎の場合~

乾いた音だけが連続してこの空間―――薄暗く、客の少ないトレーニングジムに響く。袋に詰められた砂はその身をひしめき合わせ、悲鳴を搾り出した。
打ち付ける拳にも、伸ばしきる腕の筋肉にも、もう痛みは無い。実戦で使えるのかどうかと尋ねられれば、口を閉ざす他は無いが。
「リハビリは順調かい?」
ちりぢりの頭髪を掲げた褐色の肌の男はジュースを片手に俺へとさわやかな笑みを向けた。着こなしたスーツは内側からはち切れんばかりに膨らんでおり、腰掛けた椅子は全身から悲鳴を発している。そんな巨体でありながら、スーツがやけに似合っているのが意外と言えば、意外だった。
「少なくとも、あんたのダイエットよりはな」
シニカルに口の端を吊り上げて、俺はその巨漢―――ゲイル・マクミールへと笑いかける。ゲイルは、そいつは結構なことで、と若干ばつが悪そうにコーラをテーブルへ置いた。とは言え、飲むのを控えたわけではなく、単純に中身が無くなっただけだろう。その証拠に、ゲイルは次のジュースを袋から取り出した。
袋に描かれたロゴは某有名ファーストフード店のものだ。俺はあの咀嚼し辛いパンと味気ない肉で作り上げたハンバーガーに人気が出る理由がいまいち分からない。料理が出てくるまでの素早さが好ましいと、日向は好んで食っていた。名前からして、それさえ売りであれば良いのだろうか。
サンドバッグに拳を打ち続ける俺の横でゲイルは包装されたハンバーガーを取り出した。一際大きくがさがさと音を立てて開いた中からは、矢鱈と大きいハンバーガーが出てくる。肉を五つも挟んだそれには流石の俺も目を疑った。
「今の店はそんなものを置いているのか?」
ゲイル専用メニューとしか思えない異様な質感を持った物体はこの地域の住民の肥満度数を挙げるに十分な効果をもたらすことだろう。俺が開発者なら、コストの面から鑑みても没にするのだが。
「まさか。オーダーメイドさ」
得意げに微笑むや否やゲイルは大口を開けてハンバーガーにかぶりついた。常人なら顎が外れていることだろう。俺は開いたままだった口を塞いで再びサンドバッグに向かう。フィオラとは違う意味で食欲をなくしてくれる男だ。見てるだけでこみ上げてきた胸焼けを吹き飛ばすかのように、俺は先ほどよりも速く、速く、無言の標的へ拳を叩き込む。風を切る音を増やし、汗を左右へ迸らせ、ゴム底の靴で床を鳴かせ、只管突き入れる。
「で、何の用だ?まさか態々俺を見舞いに来たわけでもないだろ」
少し強めに捻り込んだ一撃はサンドバッグを大きくきしませながら跳ね上げる。それを契機に、俺は揺れ続ける砂の振り子に背を向けてゲイルと対峙した。
左手の手の甲には僅かな違和感が残っている。それが気後れから来るものなのか、再生が不完全である警告なのか、判別は不可能だった。できることなら前者であってもらいたいものだ。楽観視は出来ないことであれども、そのために仕事を降りれる状況でもない。二ヶ月近くもの間、入ってきた仕事はどれだけ美味しいものでも怪我の療養のために断ってきたのだ。これ以上ブランクが空けば腕が落ち、仕事の依頼も減ってしまう。例え中途半端な回復であっても、踏み切るしかなかった。
荒々しげに腰を下ろされた椅子は、痛そうな声を上げる。ゲイルは袋からLサイズのジュースを取り出して勧めてきたが、断った。グレープフルーツジュースなら、筋肉に良いから飲もうかと思ったが、生憎コーラのような炭酸物は胃が張るから好きじゃない。ゲイルは僅かに肩を竦めて、コーラを自分の方へと寄せた。
「相方の色男はどうしたね」
ゲイルは辺りを見回すふりをした。居ないことに今気付いたわけでも無いだろうに。
「色男には、色男なりの事情があるらしいぞ」
あいつの行き先なんぞ知らない俺は、適当にはぐらかす。ゲイルはそれ以上追求するようなことはせず、床に置いていたアタッシュケースをテーブルの上に置いて、開けた。中から出てきたのは山吹色の封筒―――やはり、仕事か。
「怪我も完治というわけではないのだろうが、仕事は仕事だ」
お前が行ってくれないと俺が駆り出されてしまう、とゲイルは溜息を吐き出す。
「いいじゃないか、久しぶりに前線に出たらどうだ?元Sランカー“巨獣(ファットビースト)”」
Aランカーの査定官を生業とするゲイルも、数年前までは現役のSランククエスターだった。何を原因として第一線を退いたのかは、査定官としてのゲイルしか見たことがない俺には知る由も無い。柔和な風貌と性格で近所の評判も良いゲイルがクエスターだったという話すら嘘に聴こえるのだから、引退の理由など想像がつくはずもなかった。
ゲイルは勘弁してくれと手を振り
「今はペンキ塗りのゲイルおじさんだ」
微笑み混じりに呟いて、二個目の特大バーガーにかぶり付く。食いっぷりだけは、未だに二つ名に負けていないな。
嘆息しながら俺は封筒の封印を外し、中の書類を広げた。そして書類の内容に目を剥く。驚愕は一瞬で済ませたつもりだったが、ゲイルには軽々と見破られたらしく、広げた書類を覗き込まれた。
「ロインツ・ロッテン同盟側について三陣戦争で戦え、だとさ」
ティグナシー大陸ロンドン地方のロインツ・ロッテン同盟は、同大陸ブリスナー地方ティターン国と、同大陸シア地方クロケット国との混合戦線を展開している。それは四大陸中最大の激戦地であり、三陣戦争と名付けられた。こんなところに俺みたいな病み上がりを送り込むだなんて、上の方は何を考えているんだろうか。今回もご丁寧に封筒に名前を書いてきた派遣業務管理部部長補佐バロック・ミルドとかぬかすクソ爺が俺を殺したがってるのかもしれない。くそっ、ちょっと行って先に殺してやろうか。
今にも誰かを殺しそうな顔をしているに違いない俺を心配そうに眺めるのはゲイルだ。ハンバーガーを咀嚼する口も止まっている。
「代わりに行ってやろうか?」
―――何だと?まさか、俺がそんなに臆病に見えたというのか?
俺は途端に、腹の底から怒りがこみ上げてきた。ゲイルにじゃない。たかが怪我くらいで気後れしていた俺自身にだ。俺は唇を噛み締め、ゲイルを強く睨み付けた。
「死にたいのか?」
俺は大仰に胸を張って、自分より高い位置に顔のあるゲイルを無理矢理見下す。
「ペンキ屋はペンキ屋らしく壁に落書きでもしてろ。戦場で死ぬのは、戦士の仕事だ」
しゃしゃり出るな、デブ。そこまで一気に言うと、ゲイルは目を丸くして唖然とした。少しの間を空けて、ゲイルは可笑しそうに高い声で笑い出す。
「デブのペンキ屋の仕事は落書きを消すことだ。自分で書くもんじゃあない」
ゲイルは笑いながら訂正し、そして再び、瞳に悲しみを讃えて俺を見据えた。
「生きて戻って来い。死ぬには若すぎる」
聞き飽きた台詞だ。だが、耳朶に響く感触はいつでも心地良い。
「安心しろ。俺が今まで、一度でも死んで戻って来たことなんてあったか?」
くだらないジョークを交えて、俺は書類を纏めて席を立ち上がった。そのまま、汗臭いジムの出口へと歩き出す。
「帰ってきたら、また飲もうじゃないか」
背中に掛かってきた喜びと憂いの混じる不思議な声に、俺は手を挙げ、応えた。
「お前が少しでも痩せたらな」
振り返りもせず、俺はジムのドアを開ける。外の爽快な風が、鼻腔に溜まる汗臭さを吹き飛ばしていった。
大丈夫だ、生きて帰れる。
何故なら、そう思うことが一番大事だから。
降り注ぐ日差しの中、俺は騒がしい街中へ歩き出した。



久しぶりのDiaboliaは番外編ともいえる幕間です。王者の剣で負傷した魔狐兎のリハビリから、次の仕事へ移るまでの間の話です。
魔狐兎の次の仕事はクエストファイル4・祈りの鉄鎚に収録される予定です。
まだクエストファイル2なので先ですねー( ´・ω・`)
はやくファイル3の神討ちの槍も書かないとねー( ´・ω・`)
外伝も書かないとねー( ´・ω・`)

陸でした(つД`。)
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-09-13 20:58 | 小説

あのですね

ものすげえ今更なんですが、私陸堂久弥は小説書きなんですよね。

でもめんどくさいから詩書いてるんですけど

ああ違う。めんどくさいんじゃなくて、詩は文章量が少ないから簡単に済むというか、まぁつまりめんどくさいんです(どっちだ

でもこのままではまずいのでそろそろ右の方で更新停滞している小説に手をかけようかと思うわけです。



ネタくれ(゚Д゚)



陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-09-13 18:33 | 日記

A Prison Syndrome


届かない

そう届かないんだ

声は囁くだけで耳朶の奥まで響き

関節の限界を超えた場所以外は全てに手が届く

それほどまでに貴方は近い

そっと指を動かすだけで、唇を塞ぐ事が出来る至近距離

だのに、貴方は遠すぎる

飛び立った渡り鳥のように

空に架かる虹の根元のように

神の王国のJesus Christのように



生まれたままの姿を貴方に晒して

生まれたままの姿の貴方を見つめて

今日も孤独のセックスを始める

貴方の白い肌と

つややかな唇に指を這わせ

帰ってくる冷たい硬質な輝きを歯噛みして

自分の指を咥え

欲望の中心に手を添える

全身から汗を噴き出して

恥ずかしげも無く嬌声を上げて

虚しい恋へ只管叶わぬ想いを吐き出す



「醜い」

分かっている

「狂ってる」

分かっている

無慈悲な現実は幾度と無く肌を引き裂き

冷静な自覚は幾度と無く心を引き裂いた

それでも好きなんだ

愛しているんだ、鏡に映る貴方(ボク)を




ひさしぶりに書いた詩がどうしようもなく変態チックな陸堂です。
重度のナルシストですね。ナルチシズムって言葉を作ったのがたしかフロイトで、人間誰でもそうだみたいな感じでしたが、こんな奴はそうそう居ませんね。
タイトルは、現実のボクがPrisonにとらわれているのか、鏡に映る貴方がPrisonにとらわれているのか、どちらでも解釈できます。

陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-09-10 21:56 |

手抜き更新します(つД`。)


力は持った方がいい。

余計な痛みや悲しみを背負わなくて済むから。

力は持ちすぎないほうがいい。

痛みや悲しみを忘れてしまうから。

“Shining Fist”霧上魔狐兎


孝行したいときに親は無しとはよく言ったものだ。

孝行どころか死に目を看取ってやることすら出来なかった。

出来たのは、憎むことだけ―――

“Sonic Edge”陸堂日向


人の目は侮蔑する為に

口は罵倒する為にある。

そして心は、迫害するために―――

“Howling Moon”レイザル・フォーレンティン


たった一人に五万の軍勢が為す術も無かった。

利き腕を飛ばされた時には痛みより先に畏怖が神経を遡った。

彼こそが全てを失った俺の全てだ。

越えてみせる。

“Berserker”ヴァルロ・イーグリス


愛すべきものはもう居ない。

私に残されたことは時の果てまで生きて真理を掴むこと。

“Mad Sientist”アロヴェス・ニズディゼン


親父はあの景色が何よりも好きだった。

だから俺も、自分にとって最高の景色を探して

そしてやっと見つけたんだ。

見せたい人は、もう既に居ないけれど。

“Overtaker”ルヴェン・イーリー



久しぶりの更新です。
最近アイデアがないのと、疲れ果ててたのと、友人とのカードゲームが盛んで更新してませんでした。
前のサイトのトップでランダムで表示されてた詩をひとまず置いてみます。
それぞれが私の書いている連載小説Diaboliaで主役を張っています。
全部置かないのはまたいつか手抜き更新するからd(゚-゚*)

でもこの詩は大好きです。それぞれのキャラクターの内面が如実に表せているので。
表面に出ないから分かり辛いものばかりですけれど。
こんどはちゃんと更新します(つД`。)陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-09-08 20:45 |


御国を守ります。
桜並木を切り飛ばす。

作品力を上げたい!同盟参加してます。

HN:陸堂久弥
好きなもの:麻雀
嫌いなもの:チョン
潰したいもの:創価学会
応援してるもの:又吉イエス
乗りたいモビルファイター:
ネオオランダ代表ネーデルガンダム
持病:中ニ病

長編
■Diabolia(連載中)
Infomation
クエストファイル1
王者の剣
[1][2][3][4][5][6][7]
クエストファイル2
白昼の暗器
[1][2][3][4]
Diabolia外伝
~陰謀と策略の影の愛情~
[1][2][3][4][5][6]
ある戦場にて(一話のみ)
記憶を濡らす琥珀酒(日向過去話)
幕間~霧上魔狐兎とゲイル・マクミール~


■兎に角なし(連載中)
キャラクター紹介
[1][2]


短編

赤い花

梅雨に乾杯

貫けた誓い

Time Insteae of Money

葬列の少女

四百字詰めの原稿用紙




ある殺人者の独白

僕は彼女が好きなんだ

フィオラ・ダンテの詩

悲しき呟き

空を飛んだ少年

My Name Is Time

偉大なる先達を讃えて

カチタイ。イキノコリタイ。

僕は道化

蜃気楼のオアシス

身勝手なHappyBirthday

エルフの御伽噺

生まれながらにして孤独
死に絶えるもまた孤独


タイトル省略

りんく

作家でごはん!

朝目新聞

裏ドラゴンボールマニア

X51.ORG

rotten.com

ogrish.com

2ちゃんねる

世界経済共同体党
(代表 又吉イエス)


鳥肌実オフィシャルサイト

+MONSTERS+

哲学的な何か、あと科学とか

ネトゲストッパー

Wisdom Guild

便利な通報先・警務関係などのリンク

The Jack Trace

韓国は“なぜ”反日か?

★★反日ブログ監視所★★

上祐史浩オフィシャルサイト

然吟ニの詩人窟

皇立詠風学院史料館

探偵喫茶↑UPSIDE DOWN↓

Baby face

A Dose Of Malice

民話と私と出血と

きまぐれの詩

聴くまで死ぬな、この曲を!!

ありあんの散歩道

Snow White.

爆撃機が落としたノート
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧