Rubaiyat



<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


映画見てきました。

タイトルはさも久しぶりに見てきたような感じですが、実際にはちょこちょこ見てまして。
めんどくさくて更新していなかったので、今日三本分紹介いたします。
紹介するのは
「ファンタスティック・4」
「アラハン」
「ステルス」
の三本です。

「ファンタスティック・4」
宇宙嵐が遺伝子の突然変異を引き起こすという説の立証の実験を行うため、宇宙ステーションへ移動する主人公含む五人。しかし予想よりも接近の早かった宇宙嵐のため、ステーションにシールドもせず宇宙嵐を浴びた主人公達は遺伝子が変化してしまい、特殊能力を得ることになる・・・
なかなか面白かったです。全身ゴム人間、透明になったり気流を操ったりする能力、全身岩になる男、全身から炎を出せるようになる能力をそれぞれ四人が授かり、ファンタスティック・4と呼ばれ世の中を騒がしていくのですが・・・二つほどつっこみどころが。
一つ目は、他作品(特にX-men)とかぶりすぎってところです。本当はもう一人能力者が出てくるんですけども、それも最初見たときは「マグニートになるのかこいつ!?」みたいな感じだったし。唯一の女性キャラが気流を操るからストームと被るし、X-menじゃないにしろ主人公は殆どルフィです。ルフィより能力に幅があるけど。
二つ目は全身火達磨になれる能力について。実験で彼は恒星並みの温度を出してました。そんなものに耐えれるような遺伝子があるとは思えないんですが、まぁあるとしましょう。でも身体は耐えれても酸素は耐えれないと思います。真っ赤に炎をあげてるんで間違いなく燃焼してるはずなんですが、彼は窒息する様子もありません。身体はいくら変えてもいいけど、世界のシステムまで変えるのはなぁ・・・無酸素で動ける体になったとでも解釈するしかないんでしょうかね。
破天荒なSFかと思いきや人間味のあるシーンもあり、見るだけの価値はあると思います。

「アラハン」
ひ弱な主人公がふとしたことでクンフーを積むことになり、敵と戦うストーリーです。
最初に言います。クソですこの映画
映画を作ることも出来ない私がそれをクソだなどということは傲慢ですが、それでも敢えて言いたい。
クソですマジで
どれくらいクソかというと、小学生のころから親父を見習って洋画を見てきた俺に初めて「途中で帰りたい」と思わせたくらいクソです。
しかも観賞中に腹が痛くなってトイレにいきました。まさにクソです
正直、語るのもめんどくさい。ネタにもならない駄目具合です。
見ないほうがいいですよ。時間の無駄。

「ステルス」
対テロ作戦のエリートパイロットチーム三人に加わったのは最新鋭のステルス戦闘機とそれに搭載された学習する人工知能「エディ」だった。任務の帰りに雷に撃たれたエディは思考回路に異常をきたし・・・・
音速機での戦闘なため、スピード感は圧巻の一言です。しかし残念なことに、戦闘自体はそれほど多くはありません。惜しいなあと思います。
ストーリーも予想外な展開なんですが、微妙です。エディをチーム三人でどうやって撃墜するかという戦闘を描くのだと思っていて楽しみにしていたので、後半エディと馴れ合う主人公にちょっと腹が立ちました。しかも最終戦闘地が北朝鮮って。こんな展開なら、予想通りのアクション物にしてもらいたかった気もします。
でもまぁ、色々考えられてて面白かったです。ラストがやっぱ米映画だなぁっていう終わり方だったのがどうにも消化不良でしたけどね。


このなかでお勧めできるのはかろうじてファンタスティック・4ですかね。何も考えずに見れば結構笑えていいです。皆さんも楽しい映画ライフを過ごしましょう。

陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-10-30 17:52 | 日記

小泉総理大臣靖国参拝

 中国政府は日中外相会談を正式に拒絶したそうで。
 その理由がタイトルにも書いた小泉総理の靖国参拝です。
 中国側の意見としては「被害国民の感情や尊厳を傷つけ、日中関係を壊すような誤った行為に対し、中国政府及び中国人民は強く憤慨し日本側に強く抗議する」とのことです。

 正直言って理解が出来ません。

 被害国民の感情や尊厳を傷つけ、なんて言っていますが、たかが戦没者を拝んだ程度で傷つくようなやわな感情と尊厳なのですか。そんなものわざわざ大声で謳って自慢するものじゃないでしょうに。国として、きちんとした理解力を持っているのなら、半世紀以上も昔の戦争のことに関してうだうだ言うことじゃないと思います。
 事実靖国神社参拝に対してどうこう言うのは韓国と中国だけで、太平洋戦争で被害を受けたイギリスやアメリカからクレームは来ていません。よってこれは極めて狭い価値観での反対にしか見えません。そもそも太平洋戦争のことに関してうだうだ言うのは中国と韓国くらいです。他のアジアの国々は「戦争は終わったのだから次代に持ち越すべきじゃない」と前向きな姿勢なのに。
 まぁ、価値感の問題はその風土や生活全てを根底としているので、そういう考え方もあるというのは認めましょう。しかし、「考え方が違うから」なんて理由で外相会談を拒否するなんて聊か狭量すぎやしませんか。「日中関係を壊すような誤った行為」を踏んでいるのは100%中国側だと思います。会談を拒否したのも向こうだし。
 大体、一国の一総理大臣が決めたことに対して反対の意見を述べるだけでなく、国交に関わることを拒否するということは、逆に言えば「靖国参拝をやめなければ会談を許可しない」って言ってるわけであって、これは強迫っぽさを含んだ内政干渉じゃないんでしょうか。
 そして「強く抗議する」ってのが国民による反日デモなんでしょうかね。国旗に火をつけるなどの暴力行為は所謂「やられたらやりかえせ」って意味なのですか?だったら日本もやり返すべきです。もう戦争しましょうよマジで

 ちょっと右翼的発言になってしまいました。

 中国側の子供じみた態度も理解できないんですが、もっと理解できないことがあります。それは、靖国参拝を反対する日本人が過半数だということです。
 日本人はメディアの大きな部分を朝鮮に乗っ取られているせいで、正しい認識の出来ていない人間が多すぎるのは事実です。A級戦犯ってのも「ABCのクラスでAが一番高い」とか、そんな間違った解釈をしている人が大勢居るんじゃないでしょうか。A級というのは日本が作った造語に過ぎず、罪の軽重を示しているわけではないのです。これは東京裁判で「平和に対する罪」で有罪の判決を受けた戦争犯罪人を指している言葉です。しかし、東京裁判は戦勝国の憂さ晴らしとも言えるほど偏った判決を下された裁判だと言われており、判決からの名誉回復こそされていないものの、逮捕拘留中に死亡した方に関しては後に改められ、戦没者として扱われています。日本人は自虐的解釈をしすぎるので、早急に正しい知識を得て、日本国民として誇りを持ってもらいたいもんです。あ、傲慢になるということと誇りをもつことは違いますので。勘違いなさらず。
 靖国神社参拝に反対する人には「中国との国交にヒビを入れないため」と仰る方もいらっしゃるでしょうが、前項でも書いたとおりヒビを入れているのは向こうです。向こうが日本の国旗を焼くほどのパフォーマンスを見せるようなら、こっちも会談なんぞくそくらえですよ。
 ここで中国の言いなりになって参拝を屈してしまったら、これからもずっと中国に屈することになってしまいます。日本国民一人一人が自覚を持って中国や韓国の身勝手を許さないようにしてもらいたいもんですね。韓流とか騒いで洗脳されてる場合じゃありませんよマジで。

ちょこっと話がずれますが、創価学会って、フランスでカルト教団の認定受けてるらしいですよ(笑

右翼っぽい日記でしたが今日はこの辺で。
陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-10-19 22:34 | 日記

適当日記

今日はちょっとCD買ってきただけです。

ジューダス・プリーストのエンジェル・オブ・レトリビューションと、ガンマ・レイの新作マジェスティックを。

聞くの楽しみです。わーいヽ(´▽` )ノ
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-10-12 21:48 | 日記

死・・・それは限りなく非凡な感覚でありながら限りなく平凡な事象であるもの

昨日遅くに、中学校時代の同級生が交通事故で亡くなりました。
私は中学時代の友人とは疎遠になっており、連絡も自分の母親から来た程度でした。あまりにも距離がありすぎる上に仕事の特殊性のため、葬儀には出席できそうにありません。

数年前に父方の祖父も母方の祖父も亡くした経験のある私ですが、同じ年の身近な人間を亡くしたのは初めてです。
だのに、私は彼の死に対して、それほど大した感慨を抱きませんでした。
暫く連絡をとることもなかったし、人づてに連絡を受けたせいかもしれません。
しかし彼とは中学校のころには何度も遊んだし、同じ剣道部で汗を流した仲間だったのです。

何時から私はこれほど冷徹になったのでしょうか。
恐らく彼の死体を目の前にしても、柩の前で香を焚いても、私は涙一つ流すこともなく、彼の遺族にたいしてありふれた慰みを述べるのでしょう。


哲学なんてものはやはり学ぶものではないです。
倫理観や道徳観を追求するあまり、人間らしさを徐々に失ってしまう。

もし、親友がこの世を去ったときに私が涙を流すことが出来なかったなら―――
考えるだけでも、恐ろしいです。


陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-10-09 22:26 | 日記

あまのじゃく


ちょっと撫でればそっぽを向いて

ちょっと抱えればわぁわぁ暴れて

嫌がっているように見えるけれど

離れれば心配そうについてくる


ひねくれもののあまのじゃく

ちょっとでかけてくるだけだから

心配しないで留守番してて

子猫ちゃん



やべえ。これすげえ駄文だ。
でも折角書いたから乗せときます。
あー、猫飼ってみたい。
でも餌あげるのめんどくさい(酷

陸でした( ゚д゚)
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-10-08 22:30 |

掛け替え無き友の声が聞こえ


「死にたい」なんて馬鹿馬鹿しい台詞を友に呟いた。

彼は目を丸くする。

「死んで如何するの」と、彼は怒っている風でもなく、寂しそうでもなく

ただ不思議そうな目を向けていた。

「死んだら何も出来ないだろ」僕は当たり前のことを反論する。

そう、当たり前のこと。口に出してやっと分かるほどの。

彼はそれを伝えたかったのだろうか。


そのあと僕の口から出た言葉はどれもこれも意地と屁理屈の塊で

自分自身で、それを丸めてゴミ箱へ捨てた後

「やっぱやめた」と僕は彼に呟いた。

「死んだらやだな」

掛け替えの無い友の声が、そう聞こえたから。


コメントなし。
ねむいです(つД`。)
[PR]
by hisaya_rikudo | 2005-10-06 00:04 |


御国を守ります。
桜並木を切り飛ばす。

作品力を上げたい!同盟参加してます。

HN:陸堂久弥
好きなもの:麻雀
嫌いなもの:チョン
潰したいもの:創価学会
応援してるもの:又吉イエス
乗りたいモビルファイター:
ネオオランダ代表ネーデルガンダム
持病:中ニ病

長編
■Diabolia(連載中)
Infomation
クエストファイル1
王者の剣
[1][2][3][4][5][6][7]
クエストファイル2
白昼の暗器
[1][2][3][4]
Diabolia外伝
~陰謀と策略の影の愛情~
[1][2][3][4][5][6]
ある戦場にて(一話のみ)
記憶を濡らす琥珀酒(日向過去話)
幕間~霧上魔狐兎とゲイル・マクミール~


■兎に角なし(連載中)
キャラクター紹介
[1][2]


短編

赤い花

梅雨に乾杯

貫けた誓い

Time Insteae of Money

葬列の少女

四百字詰めの原稿用紙




ある殺人者の独白

僕は彼女が好きなんだ

フィオラ・ダンテの詩

悲しき呟き

空を飛んだ少年

My Name Is Time

偉大なる先達を讃えて

カチタイ。イキノコリタイ。

僕は道化

蜃気楼のオアシス

身勝手なHappyBirthday

エルフの御伽噺

生まれながらにして孤独
死に絶えるもまた孤独


タイトル省略

りんく

作家でごはん!

朝目新聞

裏ドラゴンボールマニア

X51.ORG

rotten.com

ogrish.com

2ちゃんねる

世界経済共同体党
(代表 又吉イエス)


鳥肌実オフィシャルサイト

+MONSTERS+

哲学的な何か、あと科学とか

ネトゲストッパー

Wisdom Guild

便利な通報先・警務関係などのリンク

The Jack Trace

韓国は“なぜ”反日か?

★★反日ブログ監視所★★

上祐史浩オフィシャルサイト

然吟ニの詩人窟

皇立詠風学院史料館

探偵喫茶↑UPSIDE DOWN↓

Baby face

A Dose Of Malice

民話と私と出血と

きまぐれの詩

聴くまで死ぬな、この曲を!!

ありあんの散歩道

Snow White.

爆撃機が落としたノート
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧