Rubaiyat



<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ゲームに生産性はないのか。

最近麻雀を集中してやっています。
といっても、実際に牌を握ってやれるほど友も居なけりゃ暇でもない私には
ハンゲームを利用するのが精一杯ですが。
限りなく薄い緊張感の中、存在しない牌を手繰って遊ぶ麻雀にいかほどの価値があるのか分かりませんが、好きなゲームは面白いものです。
一度は命を賭けてやってみたいものですね。負けた場合はともかく、勝った場合が面倒そうですが。

そういえば、最初に牌を握ってから11年か。早いものだ。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2006-10-24 19:46 | 日記

My Anthem

急ですが、私にとっての聖歌を紹介します。

http://www.youtube.com/watch?v=Znp-bF_Hc1g

我が最愛のバンドBlindGuardianからMirrorMirrorです。
唯一涙を覚えた曲で、永遠に私の聖歌であり続けるでしょう。
何しろヴォーカルの声が好きでたまらないのです。一度くらいは生で聴きに行きたいなぁと恋焦がれる今日この頃。

あなたにとってのAnthemはなんですか?
[PR]
by hisaya_rikudo | 2006-10-16 20:32 | 日記

左右非対称


両刃の剣よりも片刃の剣が美しい。
その身体が波をうち、独特ならばさらに良い。

袖の長さは違うほうが美しい。
ボタンの並びが均一でなかったり、ファスナーが乱雑ならばさらに良い。

欠損している方が美しい。
義手、もしくは義眼ならばさらに良い。

性同一性障害者は美しい。
苦悩しながらも、強く生きているならばさらに良い。

型を外れたものを好むのは
子供だましのアイデンティティのせいなのか。

それとも
私自身が歪なのかと。




「身体完全同一性障害」といって、自分が身体の一部を欠損していないことに違和感を覚え、時には嫌悪する症状があるそうです。
私は義手や義眼に憧れることもあるし、性同一性障害者を友人に欲しいなと思うこともあります。それが単純な好奇心なのか、自分がどこかいびつなせいなのか、良く分かっていません。
ハッキリしているのは、私はそういった人々にとってとても失礼な存在であるということです。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2006-10-16 19:36 |

バランスジェシカ様

描いてしまった・・・

ブログ「爆撃機が落としたノート」の管理人つくねさんが作られたキャラ、バランスジェシカです。
勢いで描いてしまいました。雑ですいません。
e0047397_17114672.jpg


皆様もバランス良い生活を

恥かしいので明日には消します。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2006-10-13 17:12 | 日記

一本の割り箸


地面からして暑苦しい
モダンな駅前通りには
マクスウェルに毒された人々が行き交い
太陽は苦笑いをする

10代半ばの茶髪のヤンキーは
素肌にコロンを山ほどつけて
頭の中身はすっからかん
20台半ばの大学生は
パチンコとマージャンに明け暮れて
財布の中身はすっからかん
30台半ばのサラリーマンは
鞄に書類を山ほどつめて
自分自身はすっからかん
40台半ばのホステスは
おっさんどもを集らせて
家庭の中身はすっからかん
50代半ばの托鉢僧は
信心の薄い人々のため
鉢の中身はすっからかん
60台半ばの隠居爺は
アルツハイマーが見え始め
記憶の中身はすっからかん

十人十色と人は喜ぶが
嫌々広がる空からすれば
どれもこれも雲の雨粒と変わらないのだろうか

雑踏の声を聴いて
雑踏の吐息に混じって
雑踏の素肌に溶け込む
飾り付けたアイデンティティを
割り箸のようにへし折って


カウンターをつけようと思ったらCGIは拒否られました。
さすがブログ。さすがエキサイト。
陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2006-10-13 08:50 |

詩。


唐突なタイトル。
雑然とした文体。
脈絡の無い形容詞と名詞。
しかしそれらが奥で別のひとつのものを暗喩していることがおのずと分かる詩。
私が拝見してきたもので良いと感じたものはそのような部分が多く見受けられました。
そして残念なことに、それは私には実行不可能な物です。
何故なら私の書く詩は全て、小型の小説だからです。ずっとその自覚を持ちながら、文量の少なさと小説として成り立つには不恰好なその形から詩と表現してきました。そのために人様の詩を読むたびにいつも悩むのです。一体私は何を書いているんだと。


ついさっき、ふと答えが出ました。
やはり私は詩を書いているんだと。
詩に定義なんぞ無い、と思ったんです。別に10万字超えた文章でも、主人公が魔王を倒す冒険活劇でも、作者が詩と主張したら詩なわけで。
それに人とおんなじことやる必要もありませんし。自分のために自分らしく書くべきかなと。
そんなわけで、もっと理路整然として、硬い詩も書いてみたいと思います。
おわり
[PR]
by hisaya_rikudo | 2006-10-07 12:57 | 日記

言語。

 私は高校時代、思うように英語を体得することが出来なかった。その際、言語は文化そのものだから学問として学ぶことには無理がある、などと自己弁護したものだ。数学のような“学問”ですら人並みに理解しきれていなかった私が言う台詞ではないというのに。
 しかし、言語は文化、という言葉は自己弁護で思いついたにしては的を射ていると思う。何を当り前のことを、と感じるかもしれないが、単なる情報伝達の道具としてしか接することのできない母国語と、授業という形でしか接することの出来ない外国語に囲まれた私達には聊か馴染みの無い言い方のはずだ。我々は言語をその種類別の単体で捉えたことはあっても、言語そのものを問題の中心に据えたことはそれほど多くない。学校教育の批判をするために書き出したわけではないから、そこに言及するつもりはないが。
 さて、私は英語を理解する場合、それを日本語に置き換えて理解するようにしていた。数多くの中学生、高校生が経験してきた過程だと思う。sadは悲しい、excitingは興奮する、など置換によって、未知の言語を理解しようとしたはずだ。これは因数分解など、数式の形を変えて解くという遣り方に似ている。理解し辛いものから、理解しやすいものへと置換する方法だ。
 だが、上述したように、言語は学問ではない。文化である。この置換という作業は、他国の文化を自国の文化のフィルターにかける作業になるのだ。すると自国の文化で理解可能な部分と理解不能な部分がふるいわけられる。そのふるいわけられた理解不能な部分は所謂語感という奴だ。例えば、laughは笑うという動詞だ。そしてsmileも笑うという動詞で、chuckle、grin、ridiculeも笑うという動詞だ。これを全部笑うというフィルターで通してしまえば、全て同じ意味で理解してしまう。だが同じなわけがないのだ。無駄な単語を作り上げるほど、言語の洗練具合は中途半端なものではない。
 確かに辞書を引けば、smileは微笑、chuckleはくすくす笑い、grinはにこっと、ridiculeはあざ笑うとあるだろう。しかし、あざ笑う、はやはり日本語だ。ridiculeには成り得ない。「ridicule」の角を削り、溝を埋めて、「あざ笑う」の形にしなければ、それは依然として無意味のままだ。
 だからこそ、言語を理解する際は、ridiculeをridiculeとして理解できるようにならなければならない。あざ笑う、という言葉は必要ではない。彼はridiculeしているのだと直感することが出来なくては理解に到達しえない。しかし、日本人の誰がインドのカレーを手で食べることができようか。日本人は必ず、手をスプーンだと考えて食べる。日本ではカレーはスプーンで食べるものだから。しかしインド人は紛うことなく手で食べるのである。手で作ったスプーンで食べるわけではない。

 こう考えるたび、私の胸は哀愁で満ちる。いくら尊敬するルバイヤートを読もうとも、それを日本語に翻訳したものしか読むことができないのでは、ペルシア風の日本に思いを馳せることが限界なのだから。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2006-10-04 23:57 | 日記

無節操なリンクを説明しとこうかと。

思いました。陸堂です。
そんなわけで色々省いてリンクの説明にいきます。

リンクの場所が分からん人へ。
右のテーブルを下に行けばあるんで。

では上から説明します。

「作家でごはん!」
作家になって糊口を凌ぐことを目標に切磋琢磨するサイトです。
鍛錬場に作品を投稿すると皆様の意見がたくさんもらえます。なかなかためになると思われます。
私は二度ほど利用して、三度目の投稿作品を書こうとしたら行き詰ってしまい、それ以来はご無沙汰となっております・・・

「朝目新聞」
知る人ぞ知る、ネタ系を扱う大手サイト。見るだけで笑える物、世の中の変わった物、ためになる知識などが凝縮されている、サブカルチャの濃縮液のようなサイトです。ただこのサイトに投稿されているイラストなどを楽しむには幅広い漫画の知識が必要なために、楽しむには人を選びます。私はしょっちゅう爆笑させていただいています。

「裏ドラゴンボールマニア」
ドラゴンボールに関してのパロディやギャグが盛りだくさんのサイトです。結構面白いのでリンクしてましたが、最近は更新がゆっくりになっています。

「X51.org」
世界に散らばるおかしなニュースをかき集めて掲載しているサイトです。世にも不思議で、すっとんきょうで、ちょっと気持ち悪くて、そんなニュースが一杯です。変な雑学が欲しい人にはお勧めです。

「rotten.com」
「リンク先のアドレスにrottenが入っていたら、決して開くな」とまで言われたサイト、rotten.comです。グロ画像で有名な大手サイトです。ショットガンで頭を吹っ飛ばされた写真とか交通事故で吹っ飛んでる写真とか満載です。
でも最近更新滞ってるので面白くないです。

「ogrish.com」
これもrotten.comと同じでグロ画像サイトです。rottenが他のものも扱っているのに対し、ogrishはほぼグロ画像専門です。一時期韓国からのクラッキングをくらいまくって閉鎖に追い込まれかけましたが、今は元気に復活して日夜グロ画像を更新しています。なかなか質が良いです。

「2ちゃんねる」
説明するのが面倒です。掲示板しかありません。そういうところです。

「世界経済共同体党(代表 又吉イエス)」
過激な発言でその道では一躍有名になった我らが唯一神又吉イエスのサイトです。
他とは一線を画した政治への姿勢と、全く票が集まらないのに立候補を繰り返すその姿から、選挙のたびに2chに応援スレが立つほどの人気です。でも票集まらないけどw
ノリでリンクしたのであまり読んでません。

「鳥肌実オフィシャルサイト」
個人的に日本トップクラスの芸人だと思われる鳥肌実氏のオフィシャルサイトです。
知名度が低い(のかな?)のは芸人なのにテレビに出ず、演説芸でひたすら地方巡業しているから。あまりに放送禁止用語を連発するためテレビに出させてもらえない右翼系芸人です。

「+MONSTERS+」
数々の猟奇殺人者についての情報を提示しているサイトです。量が多いため後から読もうと思ってリンクしてたんですが結局一部しか読んでません。読まないとなー。

「哲学的な何か。あと科学とか」
そのままです。哲学と科学について書いてあります。かなり分かりやすく書いてあるので、ちょっと読むだけでも面白いですよ。

「ネトゲストッパー」
ネトゲから脱出した人々がネトゲに関して後悔したという意見を大量に寄せ集め、ネトゲをはじめようと思っている人、及び既にハマっている人を止めることを趣旨としたサイトです。一部の体験談はほんと強烈ですが、ほんとにハマってるやつはこんなことで止められないと思います。

「Wizdom Guild」
Magic the Gatheringの全カードを解説しているサイトです。最近はMTGに手を出していないのであまり利用していませんが、MTGは大好きなのでリンクしてます。

「便利な通報先、警務関係などのリンク」
名前とは裏腹にあまり便利じゃないリンクです。KKKやアルカイダのサイトのアドレスなんて何に使うんだ。

「韓国はなぜ反日か?」
韓国が国を挙げて反日教育に挑んでいるのは何故か?その理由がこのサイトで明らかになります。漫画「嫌韓流」と内容はそんなに大差ありませんが、なかなか面白いと思われます。

「反日ブログ監視所」
その名の通り反日の意見を掲げるブログを監視するサイトです。反日も個人の一つの意見として受け入れるべきだと私は思っていますが(私は右寄りの完全親日派です)このサイトから半日サイトを覗いてみると、その文章のなんともキモいことか・・・人としてのモラルを欠いた発言や完全に煽り言葉の意見、無知蒙昧な文章などなど溢れかえっています。本当に日本を憂いて反日の意見を掲げている人にとっては非常に邪魔臭い奴らだろうと思いますね。
それはそれとして、なかなか興味深いので「韓国はなぜ反日か?」と併せてお楽しみください。


残りは個人の趣味サイトばかりなので説明は省きます。
興味のあるサイトがありましたら是非利用してみてください。
一応補足しておきますが、ここで列挙したサイトと私のサイトとは何の関係もありません。リンクも一方的なものばかりです。暇だから、という極個人的な理由でやっただけにすぎません。リンク先を伺って何があったとしても自己責任で御願いします。

それではよいネットライフを。
陸でした。
[PR]
by hisaya_rikudo | 2006-10-01 23:59 | 日記


御国を守ります。
桜並木を切り飛ばす。

作品力を上げたい!同盟参加してます。

HN:陸堂久弥
好きなもの:麻雀
嫌いなもの:チョン
潰したいもの:創価学会
応援してるもの:又吉イエス
乗りたいモビルファイター:
ネオオランダ代表ネーデルガンダム
持病:中ニ病

長編
■Diabolia(連載中)
Infomation
クエストファイル1
王者の剣
[1][2][3][4][5][6][7]
クエストファイル2
白昼の暗器
[1][2][3][4]
Diabolia外伝
~陰謀と策略の影の愛情~
[1][2][3][4][5][6]
ある戦場にて(一話のみ)
記憶を濡らす琥珀酒(日向過去話)
幕間~霧上魔狐兎とゲイル・マクミール~


■兎に角なし(連載中)
キャラクター紹介
[1][2]


短編

赤い花

梅雨に乾杯

貫けた誓い

Time Insteae of Money

葬列の少女

四百字詰めの原稿用紙




ある殺人者の独白

僕は彼女が好きなんだ

フィオラ・ダンテの詩

悲しき呟き

空を飛んだ少年

My Name Is Time

偉大なる先達を讃えて

カチタイ。イキノコリタイ。

僕は道化

蜃気楼のオアシス

身勝手なHappyBirthday

エルフの御伽噺

生まれながらにして孤独
死に絶えるもまた孤独


タイトル省略

りんく

作家でごはん!

朝目新聞

裏ドラゴンボールマニア

X51.ORG

rotten.com

ogrish.com

2ちゃんねる

世界経済共同体党
(代表 又吉イエス)


鳥肌実オフィシャルサイト

+MONSTERS+

哲学的な何か、あと科学とか

ネトゲストッパー

Wisdom Guild

便利な通報先・警務関係などのリンク

The Jack Trace

韓国は“なぜ”反日か?

★★反日ブログ監視所★★

上祐史浩オフィシャルサイト

然吟ニの詩人窟

皇立詠風学院史料館

探偵喫茶↑UPSIDE DOWN↓

Baby face

A Dose Of Malice

民話と私と出血と

きまぐれの詩

聴くまで死ぬな、この曲を!!

ありあんの散歩道

Snow White.

爆撃機が落としたノート
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧